スポーツパフォーマンスを最大限引き出す足指トレーニング

体幹を支える 足トレーニング 初級

あし屋スポーツ塾では
足の裏が痛くて困っています選手を助けるトレーニング動画を配信

①足の指が固まってしまうと、指にタコ・マメができます

②踏み込んだ時に指が使えないと、体幹が安定せず色々なとこに負担がかかります

③扁平足の選手にイチオシトレーニング

④走り過ぎて足の裏が痛い

体操選手の着地の時の安定性には指を使えるか使えないか?得点に直結してきます

テニス選手で強い打球を打つ時に、踏ん張れるか踏ん張れないか?体幹の安定に直結してきます

陸上選手のスタートダッシュ、指を使って地面をとらえれるかとらえれないか?タイムに直結してきます

野球選手がボールを投げる時、踏み込んだ足が安定するとレーザービームのごとく投げれます

地面に唯一付いている足です。ここの機能を高めることはスポーツ障害を予防すると同時にパフォーマンスへ直結します

まだまだ間に合うので、足に鉛筆を挟んでトレーニングをしてみましょう


体幹を支える足トレーニング 中級

足は身体の土台となる場所です

そこにトラブルが起こると上にある
膝関節・股関節・骨盤・背骨・肩甲骨などは歪みはじめて身体の不調を訴えます

サッカー選手:左足の裏が痛いとシュート練習の為に体幹トレーニングをしていても、唯一地面に触れている左足が崩れていたら、体幹トレーニングの効果を発揮できないと思いませんか?

100m陸上選手:右足が足底腱膜炎だと、いくらスタート練習で立ち上がりを練習してもスタートダッシュする時に地面を蹴ることできますか?

マラソン選手:足底腱膜炎でランニング走れますか?左右の歩幅・ピッチに違和感がでて気持ち良く走れませんよね

剣道の剣士:上段の構えから素早く一歩踏み込むのが遅れますますよね

いくら体幹トレーニングをしていても、体幹を支えている足が崩れていたら

体幹トレーニングの効果が発揮されない

だから

体幹を支える足・靴はしっかりと意識を向ける必要がある


Service 3